美容室経営が難しい時代

訪問美容師の存在意義

訪問美容師の存在意義

福祉の観点から介護が必要な人に対して美容サービスを提供する方法として訪問理美容サービスと言うものがあります。その名の通り自分で自宅から出て美容室や理容室に行くことができない人に対して、その方の自宅を訪問してその場でサービスを提供する、というものです。そこで活躍するのが訪問美容師の皆さんです。訪問美容師の皆さんはその名の通り、介護が必要な人の施設や自宅を訪問してサービスを提供する資格を持っている美容師の事です。この訪問美容師の人たちが活躍してくれているおかげで、たとえ自分で外出することができなくなっても、寝たきりになっても、自宅ではなく施設や病院で暮らしていたとしても、「生きている限りは美しくありたい」と言う人間なら誰もが持っている願いをかなえることができるようになっているのです。人は生きている限り社会生活を営んでいると言える存在であるべきです。そのためにはヘアスタイルや身だしなみを整える、と言う事は健常者と同じように必要な事であり、本人が望むものです。そういう人たちに力を貸すのは介護士や看護師や医師ばかりではなく、訪問美容師の様な存在も欠かせないものでしょう。訪問美容師たちの存在は介護される人たちにとって、生命に関する事ではなくても、自分の生きる糧を与えてくれる存在となっている事でしょう。美容室におけるメニューの料金設定と言うのは、安くすることは比較的簡単なことかもしれません。材料費を掛けない事でまずは料金を抑えることができます。あとは美容師の記述量になる訳ですが、これを抑えようとするならば自分たちの取り分を減らす事ですよね。そこを辛抱すれば料金を抑える事は容易にできます。ですが今や美容室も価格競争がとても激しい時代になっていると思われます。そしてお客さんが美容室を見比べる目もとても厳しくなってきていると思われます。同じ技術を持っている美容室であるならば、徹底的に料金を調べて、どこに行くのが得か、と言う事を簡単に知ることができる時代です。そういう競争に勝つのはとても大変です。一方でお客さんの中には今でも「お金をかけてでも良い美容室に行ってキレイな髪でいたい」と言う人もいるのです。そういうお客さんを取り込んで、そういう土俵での競争に勝つことも、美容室の経営の戦略の一つだと思います。ただそういうお客さんをゲットするには、確実に「八潮 美容室料金を支払う価値」が無くてはいけません。そして確かに低料金の美容室とこの美容室は違う、と思わせる何かが無くてはいけませんよね。もしも低料金の美容室と同じ程度の技術しかないのであれば、お客さんにとっては高めの料金を支払うメリットがまるで無くなるわけですからね。


ホーム RSS購読 サイトマップ