美容室経営が難しい時代

同じカラーなら安い方が良い

同じカラーなら安い方が良い

誰でも考える事は同じだと思うのですが、同じカラーリングの結果であれば、料金の安い美容室に行きたい、と考えるのが普通です。その時に「同じカラーリングの結果だ」と思うのには、美容室側とお客さんとの間にはギャップがあるように思います。つまり美容師や美容室の経営者にとっては、カラーリングをする事に対してどこで差をつけるか、と言う事はとても専門で黄な事でもあります。どのカラーリング剤を使うか、前後のトリートメントをどうするか、と言った事もカラーリングの結果に影響してくると考えていますし、実際にカラーリング後の髪の毛のダメージなどに差が出るかもしれません。ですがお客さんの言う「カラーリングの結果」というのは、とりあえずの結果であることが多いんですね。自分がオーダーした通りのカラーになっているか、と言う事が一番大きい訳です。そのあとでせいぜい手触りなどでその出来栄えを感じる訳ですが、それも美容師が思っているほど専門的な感覚ではありません。つまりお客さんが「同じ結果」と思っている事は、美容室や美容師に関しては、「決して同じ結果ではない」と言う事も多々ある訳ですね。でもお客さんが求めている同じ結果に基準を合わせて考えなくては、お客さんにとっては「同じ結果で高い料金を支払うのは損をする気分になる」と言う事になります。美容室の経営と言うのはとても厳しい、美容師と言う職は決してもうからない、と言う話は良く聞く話です。実際に美容師になるという夢を抱いていた人たちが努力して美容師として認められるようになっても、その職を生涯全うする人は一部でしかありません。それは鹿児島 美容室美容師と言う職を続けても、自分の努力に見合うだけの報酬が得られない、と言う事が一番大きい、とされています。多くの美容室は年収が200万以下でしかない、と言う話も聞いたことがあります。月収が17万程度しかないわけです。そういうことでは当然結婚して子供を育てる、と言う事も難しくなってきます。多くの美容師たちは自分の将来を考えた時に、このまま美容師を続ける事は困難だ、と言う判断を下す様です。どうして美容師の年収はよくならいのでしょうか。だれもが髪を切るために美容室は利用する者ですから、そんなにお客さんがいなくなる事はないはずですよね。これには美容室と言う業界のしくみに問題があるのかもしれません。大抵の美容室は売上全てを人件費に充てる訳ではありません。大きいのはテナント料やオーナーの取り分です。他にも当然材料費や光熱費があります。どんなに頑張ってお客さんを増やしたところで、この構図が変わらなければ極端に美容室が儲かる、という事は難しくなるのですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ