美容室経営が難しい時代

会話が楽しそう

会話が楽しそう

女性美容師に対するイメージとして、会話が楽しそう、と言う事も有ると思います。これがもしも販売員とかコンパニオン、という職業であるならば、あまりにも営業トークがきついので、逆にちょっと引いてしまう所も有るかもしれませんが、それにくらべて女性美容師と言うのは、同じ営業トークと言っても、自然に近い感じの会話をしてくれる気がしますよね。それでいて、絶対にお客さんを傷つけないような会話を心がける事がが出来るので、もしプライベートで付き合ったとしても、ほどよく気遣いのできる会話が楽しめるのではないかな、という期待はあるでしょうね。それに日々お客さんと会話をしている分、色々な情報を知っていると言う事もトークの幅が広がってくるものです。お客さんの話を横流ししてしまうような美容師はよくありませんが、差し障りのない話題が豊富であることは、人としても魅力的ですよね。男性にとっては、たとえ自分がトークが下手であっても、女性の方がなんとかその場を和ます術を知っている人だ、と思える事は、安心感があるのかもしれませんね。もちろん、そのようなトークと言うのは、職業柄出来るものであって、彼氏といる時ぐらいは、自分も会話に気を使いたくない、という女性美容師も多いかもしれませんけどもね。かつては美容師になるにはインターン制度がありましが。そのインターン時代、というのは今でいうアシスタント時代と同じように見習いとして美容室で働くわけですが、その当時は師匠と弟子の様な関係で、師匠の技術を盗む事を勉強しなくてはいけませんでした。それは厳しいものだった、と聞いています。ですから「美容師になりたい」と言う人は、家業を継ぐとか、自分が生計を立てる為、とか、どうしても美容師になりたい、という確固たる気持ちを持った人たちだった、と思われます。そうでなくてはそういう修行に耐えられなかった、と思われます。ところが今では、インターン制度も廃止になりましたし、学校で勉強すれば国家試験の受験資格がもらえる様になりました。誰もがそうである、とは言いませんが、お客さんではなくマネキンを相手に練習して、受験勉強して試験対策をすれば、国家試験に合格できるんですね。そうなると、「美容師にでもなろうかな」というようなちょっとした興味しかない人でも、合格できる可能性が十分にある訳です。そしてそのよう要領よく美容師の国家試験を持った美容師が多くいるのが今の現状かもしれません。そこでそれから東久留米 美容室でアシスタントとして一生懸命に修行した人は、確かにかつての美容師と同じような技術を身につけることができるでしょうけども、免許だけを取得して中途半端な技術で働いている人も結構いるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ