美容室経営が難しい時代

訪問美容を受けるには

訪問美容を受けるには

渡井たちが普段当たり前に生活しているだけでは訪問美容師の事などあまり知る機会はありません。いざそういう制度を利用しよう、と思った時にはどこにお願いすればよいのでしょうか。訪問美容をお願いするには、ちゃんとしたルートで申し込まなくてはいけません。申し込み方法や受付先は各地域によって違う場合も多いのですが、だいたい受け付けている所は同じようなところでしょう。一番身近なのは地域に密着している普通の美容室に直接聞いてみる事です。もしもその美容室でも訪問美容を行っているのであれば、対応してくれるはずです。また訪問サービスを実施しているNPO法人などがありますから、そういう所に問い合わせてみるのも一つのルートです。こういう事を扱っているNPO団体は今ではたくさんあります。また介護サービスを行って言う事業所に問い合わせてみるのも良いでしょう。もしも今現在訪問美容を希望しているご本人が介護サービスを受けているのであれば、その担当の人やケアマネージャーさんに聞いてみても紹介してくれると思います。また介護を担当している役所の福祉課に尋ねてみても紹介してくれると思います。各地域の役所のホームページなどで「訪問美容」と検索してみると情報が出てくるものと思われます。訪問美容をお願いする、といってもどの程度の事をしてもらえるのか?と言う心配がありますよね。ところが訪問美容師の皆さんは、通常美容室で行う主な施術の殆どを利用者の自宅で行うことができます。ですからカット、パーマ、カラーリング、シャンプー、トリートメント、などですね。何でもしてもらえるのだ!と思わず嬉しくなりそうですが、実際には長時間の施術は利用者にとっては体力的にきつい場合も有ります。そういうときには利用者や介護者、新宿 美容室訪問美容師、必要ならば医師や介護士などにも相談して、どの程度の施術ならば利用者の身体に負担をかけることなく、行うことができるか、と言う事をきちんと話し合った方が良いですね。できるだけ利用者の希望に沿うようなサービスを提供したい、と考えるのが訪問美容師の希望でもありますが、実際にはご本人が苦痛のあまり動いたり手を出したりすると大変危険な状況になってしまうケースも考えられます。ですが多くの利用者の方々は、たとえ自分が思っていた内容の半分ぐらいの施術しかできなかったとしても、みなさんとても喜んでくれるようです。自宅に居ながら健常者の方と同じように髪の毛のケアができる、というのは自分もまだまだ社会の一員であることを自覚できる嬉しい瞬間でもあるのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ