美容室経営が難しい時代

流行っていればよいとは限らない

流行っていればよいとは限らない

これだけの種類のある美容室の中で、どんな美容室が良いのか、と言う事はなかなか一概には語れないものです。それはその人各人によって、美容室に対する価値観が違うからです。どんなに都心の一等地で激戦区の中にある評判の良い美容室であっても、そこがみんな同じように一番良い美容室だと感じるか、というとそうではありません。たとえば予約に関しても、どんなに先になっても良いから有名な美容室の予約を取りたい、と言う人もいれば、とにかくいつでも予約が取れるような美容室が良いのだ、という価値観の人もいます。ですからものすごく流行っている美容室に、そんなに流行るならさぞかし良い美容室なのだろう、と思って行ってみても、自分にはしっくりこない場合も有ります。確かにネットの口コミなども参考になりますが、実際に経験してみたらさほどでもなかったり、逆にそこまで悪くなかったり、と言う事も有るでしょう。極端に言えば、流行っているかどうか、と言う事はあまり問題ではない、とも言えます。ですが本当に経営に困っている様な美容室と言うのは、確かに良くありません。経費を削るために安い薬剤ばかり使っている可能性も有りますし、人件費を削るために、逆に人手不足になっている所も有ります。そういう本当の意味で良くない大山 美容室を見極める事が大切ですね。「美容師の人と話をするのは、すぐに気まずい感じになるから嫌なんだよね」と言う人がよくいると思うのですが、その「気まずい感じ」と言うのはどのような感じなのか、と考えると、その多くは「会話が続かない」と言う状況だと思うんですね。「会話が続かない」と感じるのは「会話が途切れてしまう」からでしょう。つまり「質問される」「答える」…と言う所から話が膨らまない、という状況ですね。そしてその結果、沈黙の時間が生じてしまう事を「気まずい」と感じるのだと思います。一般的には会話が気まずくならないようにするためには、会話が途切れないようにすることがコツでしょう。そこでよくみなさんがとる方法としては、「沈黙が続いたら何か言わなくちゃ、と思って相手に対する質問を考える」と言う事だと思うんですね。確かにそれは会話を広げる一つの手段となるでしょう。ですが特に初めて担当してもらう美容師に対して、「何か質問しなきゃ」と思うのは、とても難しいように思われます。結果的にどうでもいいような質問をしてしまったり、また沈黙の時間になってしまったり…という結果になったりもします。自分って、つまらない話しかできないな、とか、話の詰まらない人、と思われているかな、とネガティブな気持ちになってしまうお客さんも少なくないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ