美容室経営が難しい時代

便利の良い場所の美容室

便利の良い場所の美容室

立ち寄るのに便利が良い美容室、というのは立ち寄りやすいし、常連客が少ないので飛び込みで行っても抵抗が無い、というメリットがありますが、そのほかにもメリットがあるように思います。それは回転数がよいだけに美容師が経験を積んでいる、と言う事です。それは技術面でも磨かれることになりますが、もう一つは、初対面のお客さんに対しても瞬時にその人に似あうスタイルを提案できるセンスも磨かれている、という点です。たとえばとても固定客の多い地域性の高い美容室だと、お客さんの奥は「いつも通りで」とか「そろえてください」とかいうお客さんが多いと思うんですね。たとえその人達が「今日はイメチェンしたいと思って」と言ったとしても、少なくともその人の髪質やクセはよく解っていますから、どうしたらよいか、辞めておいた方が良いのはどういう事か、という事が直ぐに判断できると思うんですね。それにくらべて常連ではないお客さんが多い美容室では、常に新しいお客さんと接していますから、その時々でのセンスが問われるわけです。そういうお客さんたちを毎日相手にしているならば当然その判断力や経験値は磨かれていきますよね。ですから腕もセンスも信用できる美容師が多いのではないか、と予想することができます。
男性が理容院ではなくて美容室に行きたい、と思う大きな理由や「カッコよくなりたい」「オシャレになりたい」と言う事だと思うんですね。そしてその更なる動機には、「女性にもてたい」と言う事も有ると思うのです。特に若い年代ならば、せっかくカッコよくなるのであれば、女性からの評判が良い方が良いですよね。ですからそういう思いがあるときには、あえて女性スタッフの多い美容室に行く事を勧めますね。それは、女性美容師たちが、女性目線で素敵だ、と思うスタイルを提案してくれるからです。男性からウケが良いスタイルと女性が好みそうなスタイル、というのは違うと思われます。特に男性からの評判、というのは、もともと男性はそんなにスタイルにこだわる方ではありませんから、そもそそも何がカッコ良いか、どういうのがその人に合っているか、等と言う事に疎い人が多いですね。そういう人の評判を聞いても、言葉は悪いですが宛にならない事も多々あります。それよりもせっかくならば、女性から素敵だ、と言われるようにする方がいいですよね。ですから少し恥ずかしいかもしれませんが、女性スタッフを指名して作ってもらえるような下高井戸 美容室に行くのも、カッコよくオシャレになるための一つの作戦だと思うんですよね。よく女性たちもそんな理由で男性美容師を指名するようですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ